忍者ブログ
2017.10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ようこそ

ホームスパン制作について綴るブログでございます。
不定期更新です。

使っているカメラ:
RICOH R10
OLYMPUS PEN Lite E-PL3
OLYMPUS OMD EM-5
すまほ

自己紹介

HN:
くろばく
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/06/22
自己紹介:
高校時代のひょんな出来事から織りの世界に。
マレーバクとヒツジとアニメがお好き。時々暴走。

相棒:
Symphony(kromski)
Sonata(kromski)

カテゴリー

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/23 (Mon)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
応援よろしくおねがいします↑

フェルト房



明るい気分になれそうな鮮やかな橙のえりまき。
この色はハーフブレッドを赤+黄の染料でまだら染めしたものをミックスさせた色です。
橙1色では色が強すぎると思い、黄色っぽいラインをひいてみました。




短く切り揃えられた房がちょっとかわいい(人´∀`)

断面図がちょっとおかしなこの房。
黄色の羊毛を刺して、縮絨する際にフェルト化させてみました。

以前フェルト房を試みたときは、糸の束からフリンジをくるくるっと作る際に染色羊毛をはさめて巻く、といった感じで作ってました。しかしフェルト化させる際時間がかかること、はさんだ羊毛が擦る時にずれて抜けてしまったりして苦労した記憶があります…(やり方がヘタクソだったのかもしれませんが。)

今回はやり方を変えて、フェルトニードルで後からフリンジに羊毛を刺してみました。ずびしずびしと。
先に軽くフェルトさせるので、縮絨の時とっても楽でした。今後の制作でも超活躍する予感。経糸の色に関係なくカラフルな房が作れるんですから。

こんな風に自由に形をつくれるところが羊毛のいいところ。羊毛は奥が深い。優秀。
これからも色々と方法なども研究しながら制作していきたいと思います。
PR
2011/02/07 (Mon) 作品 TB(0) CM(1)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
応援よろしくおねがいします↑
Leave a Reply
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ観覧可
無題
房がちくわきゅうりみたいで
可愛いぃ~
断面図にググッと惹きつけられちゃう
紫音 URL 2011/02/21(Mon)20:12:34 edit
Trackback URL